賢きものの簿記Home
The Accounting Blog

基準の調べ方・使い方

 日商簿記1級受験者から税理士会計士受験者まで簿記会計で疑問がわくことがあります。

自分で調べて理解につなげることができれば、加速度的に実力は高まります。

しかし、慣れていない人は「テキストや問題集に載っていることが宇宙のすべて」と考えがちです。はっきり言ってテキストにも間違えていることは少なからず書かれているし、そもそも記載されていないことも多々あります。

ではどうやって疑問にたどり着くのか。今回はそれらの疑問に立ち向かう一例をかきます。受験だけでなく、合格後、会計に携わる仕事をするつもりならそういう能力も必要不可欠です。






①まずASBJの会計基準・適用指針をあたる

ほとんどの会計基準の基本的な部分はこのASBJが定めているといっても過言ではありません。会計人の聖書みたいなもんよ。

Google先生で「ASBJ」と検索をかけて、
企業会計基準委員会のページに突入!

『会計基準を閲覧されたい方』をクリックします。基本的には上2つの企業会計基準、企業会計適用指針しか見なくていい。

調べようとする基準や指針は論点ごとにPDFファイルになっているんだが、「Ctrl+F」で疑問に思っているキーワード検索すればだいたい出てくるよー(この時点で何言ってるかわからない人は論外。まずパソコン教室に通うことをお勧めします)






②それでも出てこない場合は、会計士協会実務指針へ

①でも出てこないこともあるんです。ここまでくるとかなりマニアックなレベルに達しているけど。(例えばのれんの永久コンボとか)
その場合は、会計士協会の実務指針というやつを見ればOK。

これもだいたいPDFデータで転がっているので、Googleで「退職給付 実務指針」とかって調べれば閲覧できます。なぜか閲覧の際、アホみたいに「同意」を求めてきますが、私は一向に気にせずノータイムでマウスをはじきます。






③なお、わからない場合は

上記をあたっても調べものにたどり着かない場合は、別の基準・法律が規定している可能性が高いです。
例えば企業会計原則や連続意見書とか(古い論点はこれ)。また、純資産関係などは会社法という法律の場合があります。これらもネットでみれます。

こいつらは調べてもいいですが、平民愚民一般人には理解しがたいように書かれているし、理屈や趣旨はそれだけでは分からないことが多いです。慣れないうちは調べても時間の無駄かもしれません。






④なお、なお!わからない場合わァ!

上記のものすべてに載っていないことを疑問としている場合は、もはや99%変態的疑問といえます。そんなあなたはド変態です。
ここまで来ちゃうと社会的コンセンサスが取れた答えはなく、理論的解釈によるでしょう。

できれば会計学者が書いた本などにある理論的解釈を見つけたいものですが、さすがに調べて読む時間なんてないでしょう。なので自分で考えて、自分のロジックに納得するしかないです。(このレベルはどうせ試験にはでません)



私は受験時代④までいってた変態ですが。こういった調べ方を知らなかった人もこれを機にやってみてください。
しかし疑問にはまりすぎたり、調べることに時間をかけすぎたりしないように。ただの変態になってしまいます。

スポンサーサイト



テーマ : 学習
ジャンル : 学校・教育

このブログ大丈夫か?

この「賢きものの簿記」ブログ強制終了させられるのでは?

このブログはFC2ブログという会社のサービスなんですが、今回この会社の関係先が家宅操作みたい(
参考

なんでもエロ動画撒き散らかしてきたから目を付けられていたとか。

このブログ始めるとき適当に検索してひっかかったからここでやっているんだけど、もし倒産→閉鎖になったらこのブログも強制終了です。どう考えてもエロ皆無でやってきた真面目?な簿記のブログなのにふざけんなよ!そんなことだったら「わいせつ簿記」っていう名前でやっとけばよかったわ!

調べたらFC2って「ファンタスティック・クピ・クピ」という社名の略らしいね。意味はわからんけど、、


いやいや...w 名前もちょっと意識してるんちゃうんwww


別のブログに移転という手段もあるけど、気は進まない。なんとかブログ事業だけは生き残ってほしい。頑張れクピクピ!


テーマ : 一人言
ジャンル : 学校・教育

連結除外とか

 資本連結論点には以下のパターンが考えられる。
  • 0%→60%(通常の支配獲得)
  • 10%→30%(持分法適用)
  • 10%→15%→60%(段階取得)
  • 30%→60%(持分法からの段階取得)
  • 60%→80%(追加取得)
  • 80%→60%(一部売却)
  • 60%→40%(連結除外からの持分法)
  • 60%→10%(連結除外)
  • 30%→10%(持分法適用除外)
赤で書いているものは日商簿記1級ではほとんどの人が学習しない。まず出題されないと踏んでいるからテキストにも載せないのでしょう。私も出題される可能性はかなり低いと思っています。

でももし出題されてしまった場合、「あ、そういえばアイツのブログで書いてたな!」と思いだし1点でも多く拾ってもらえるように、軽く書いておきます。役に立てなかったらすまん。

とはいっても今回は連結除外だけにしておきます。 また、子会社株式の売却を伴うので、平成27年以降の新しい連結基準では異なる処理になることもあり得るので気をつけてください。





まず、連結除外ということは、子会社に対する支配が無くなるその子会社の存在は連結F/S上抹消されるということを覚えておきましょう。つまりその子会社の資産・負債・評価差額・のれんも全部deleteね。合算しない。

問題は利益剰余金なんですわ。子会社を支配してから純資産項目で主に大きく変動していくのは利益剰余金であり、これも当然全額抹消なんだけど、特殊な科目が出現する。


例:×1年末にS社の60%取得した。×3年末に57%を売却し、連結除外とした。(金額等は省略)

renketujyogaisetu1.jpg
タイムテーブル書くとこんな感じになったとします。(タイムテーブルの使い方) 

連結上で支配獲得から変動している利益剰余金は、青の点線の金額260になる。〔120+270-90-20×2〕

この増えた260をすべて消さなくてはいけないわけですが、

この260のうち57%分は株式売却によって実現したもの3%分は連結からハブられたことで連結F/S上から消える額


  • 260×(57%/60%)=247 ← 一部売却と同じで、個別上の子会社株式売却損益の修正
  • 260×(3%/60%)=13 ← 『連結除外に伴う利益剰余金減少高』というS/S科目で消去

もっと小難しくいうと、連結上の簿価と個別上の子会社株式簿価の差額が260になっていて、連結から外れるので個別上の簿価に修正するという意味です。その要因が2つということ。

出題されるとしたら、このS/S上の『連結除外に伴う利益剰余金減少高』はいくらか?という問題になる可能性が高いです。



もう一つ気をつけなければいけないのは、P/LやS/S一部は合算するけど、B/Sは合算しないよ!ということ。もちろん他に子会社がいる前提で考えてな。これはマジで意味わかってくれ。

上の例でいうと×3年3/31に作る連結P/Lには、除外した子会社の収益・費用は合算されて載る(フローだから)。
連結B/Sには、除外した子会社の資産・負債・また支配獲得以降の利益剰余金の影響は合算されないし、なかったことにされる(ストックだから)。

これ結構重要だから。「何言うてるんやコイツ??」ってなった人は、ガム買いにいってもう一度考えな。というかさっぱりわからない人は、連結会計の基本を理解していないということなので、こんな難易度が高い論点や俺のことなんて忘れることだ!





最後に連結除外の重要な部分をまとめる。この3点だけ頭に入っていれば全滅は避けられるのでは?

連結F/Sでは、除外子会社の影響はすべて消える!のれんなども全部なくなる

利益剰余金の影響もすべてなくなるが、株式売却分以外の部分は『連結除外に伴う利益剰余金減少高』というS/S科目で修正!(これが連結除外の出題の中で最も重要で、配点がくる可能性が高い)

連結除外が期末の場合においては、連結P/Lに子会社の収益費用は合算計上される!(のれん償却額も計上される)


ちなみに新基準(平成27年度以降)においても、同じ処理になると考えます。(ちゃんと調べていないけど)

と、簡単に基本を書いてみたが、まず出ないだろ。もしこういう載ってないの出たら、日本商工会議所は伝説を作ることになるね。合格率0.5%も夢じゃない!

続きを読む

テーマ : 学習
ジャンル : 学校・教育

次の日商1級試験に受かるための勉強法

 前回も書きましたが、次回の138回日商簿記1級まであと約50日

商業簿記では連結会計が来るんじゃないかと。というか来い!

直近の商業簿記での連結出題は、

117回(成果連結)
126回(段階取得)
131回(一部売却・包括利益)
134回(包括利益・連結事業分離)


出ていない連結会計の重要論点としては、追加取得くらいか。。

しかも117回からだんだんと論点の難度が上がっているような気が、、、次も連結事業分離が出たら死亡する受験生多いだろうな

ちなみに全経上級のほうでは、170回から前回の175回まで連結が頻出しているようですね。


会計学は、よくわかりません。ランダムにあらゆる論点が出題されます。

また、工業簿記・原価計算はそれぞれ標準原価計算設備投資の意思決定は超頻出なので、当然マスターしておかなくてはいけない。



あと50日あります。どのように学習するかよくわかっていない人は以下のことを心がけてみてはいかがでしょうか?

  1. 過去問や予想問題などの本試験形式のものを繰り返す
  2. 必ず時間を計って取捨選択も本番同様にやってみる
  3. 解き終えたら間違えたところを必ず確認→理解。なんとなく解けたも解けたうちに入れない

やっぱ、本試験形式の問題するのが一番有効な勉強法だよ。大体3周、少なくとも2周以上はしたほうがいいと思います。

しかし解答解説見て「なんでこの答えになるんだろう?」ってやつは時間をかけてでも理解したほうがいい。『本試験形式問題を3周する』という行為が目的になったら論外ですから。

3周目くらいには当然満点くらいとれるようになってないとダメですよ。もしできないなら学習方法が間違っていたと考えるべき。


私は1級の勉強しているとき、確か過去問ばっかりやってましたね。10回分くらいを3周。実際に時間を計って解くのは1周目だけで、2,3周目はさらっとでしたけど。

この50日でだいぶ得点は上がります!今は30点くらいしか取れない実力でも、合格点までもっていく時間は十分あります!

しかしもう一回言うぞ!
”問題解くこと”を目的にするな!
それは勉強ではなく単なる作業だから


そして最後まで諦めずに頑張ること!!

ちなみに別のブログを始めました。てきとーなブログですが興味ある方は覗いてみてください。
あそ~んブログ

Web Site
Link
Latest article
ad
Category
New Comments
Profile

あそ〜ん

Author:あそ〜ん
日商簿記3級からスタートし公認会計士を上位合格したのは昔の話。
詳しいプロフィール

別のブログもやってます


↑フォローしてくださいな

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Calendar
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Search
RSS